会員限定セミナーを開催します(WEB開催・無料)。ふるってご参加ください。

ダウンロード可能

セミナーは終了しましたが、資料を会員限りのページからダウンロードできます。

・2020年度第1回AIDA航空セミナー
・東京大学FSIシンポジウム
・日本航空協会 第287回 『航空と宇宙』 定例講演会

COVID-19により航空輸送は国際・国内ともにかつてない影響を受け、しかも長期化すると予想されている。これにより、航空機産業も製造削減、人員削減が進み、関連するサプライチェーンに影響が及んでいる。
ITの発達でリモートのコミュニケーション手段も浸透しているが、人の移動は、人類の文化的、社会的、経済的、政治的活動に欠かせぬ要素であることは変わりない。その意味で、航空にかかわる人材、産業、システムをサステナブルにする必要があり、また、環境への影響削減、安全性と経済性の向上は引き続き重要である。

セミナーでは航空に関与する運航会社、空港、製造会社、研究機関、教育機関、行政機関が一堂に会し、新型コロナウィルスの影響を分析し、ニューノーマル時代に求められる航空輸送の在り方を分野横断的に議論し、その将来像を議論したい。

【緊急開催】
「COVID-19が航空に与える影響と今後を考える」

日時:    2020年8月4日(火) 13:00〜17:00
主催:   一般社団法人 航空イノベーション推進協議会(AIDA)
         東京大学 未来ビジョン研究センター
         一般財団法人 日本航空協会
開催方法: WEB(オンライン)での講演会 (参加費:無料)
登壇予定: 国土交通省、経済産業省、JAXA、東京大学、日本航空機開発協会、ANA、JAL、IATA、成田国際空港㈱、三菱航空機㈱

プログラム(予定):

(1) 講演
・COVID-19の航空輸送への影響と見通し (IATA)
・ICAOのコロナ対策と国内動向 (国土交通省)
・エアラインと空港でのコロナ対策 (ANA、成田国際空港㈱)
・機内空調における感染症対策 (JAL)
・航空機製造業への影響 (日本航空機開発協会(JADC))
・航空技術政策の展望 (経済産業省)

(2) パネルディスカッション
・モデレータ: 鈴木真二 東京大学名誉教授、特任教授、AIDA代表理事
・登壇者: 上記講演者+三菱航空機㈱、JAXA、東京大学

お申し込み: https://kokucheese.com/event/index/598517/ から