AIDAでは、特定の専門分野や課題に応じた取り組みを進める観点から、定款上委員会を設置できることとしています。