航空イノベーション研究会(AIS)は、2008年(平成20年)から活動しています。AIDAの設立に伴い、同法人内の委員会として位置づけられました。

工学のみならず、経済、政策、国際関係などの広範な教育から、熾烈な航空産業の世界で活躍できる人材育成を産学官の連携によって実施する教育プログラムの検討や、それを通した航空産業の課題整理とイノベーションの方向性の明示といった活動をしています。

研究会は2019年(令和元年)5月現在、92回開催されました。議論はチャタムハウスルールを採用しており、非公開です。